Featured Commerce

故障の原因にも!?気をつけたい機械式時計の手入れ方法

手入れのため素人が時計を分解するのは禁物

機械式時計はデリケートなため、手入れ時にはかえって故障させないように気を付ける必要があります。例えば時計を手入れしようとして、専門的な知識がない者が分解するのは大きな問題です。機械式時計を確実に分解整備できるのは、高い修理技術を持った職人に限られています。素人が下手に機械式時計を分解したとしても、修理どころか故障させてしまう可能性の方がはるかに高いでしょう。もし問題があれば、修理に出した方が確実です。

水洗いの手入れ中に気をつけたいポイント

機械式時計の手入れのため汚れを落とす事は大切です。しかしながら汚れを落とす方法を誤ると、時計を故障させてしまう可能性も考えられます。汚れを落とすため、防水機能を持った機械式時計を水洗いするケースは良くあります。しかし水での洗浄中にリューズを操作すると、隙間から水が内部に侵入する可能性が考えられるでしょう。機械式時計の内部に水が浸入すると故障の原因になりかねないため、水洗いの手入れ中には注意が必要です。

手巻き式時計の手入れでの注意事項

手巻き式の機械式時計の場合、定期的にゼンマイを巻く手入れが必要になります。その作業で時計の扱いには注意が必要でしょう。ゼンマイを巻く手間を省こうとして必要以上に巻きすぎるのは禁物であり、内部のムーブメントの故障につながりかねません。機械式時計によってはゼンマイの巻き過ぎを予防する機構を備えている製品も確かにあるものの、必ずしもそのような措置が全ての機械式時計にされているとは限らず注意を要するでしょう。

ウブロとは、「異なる素材とアイデアの融合」というテーマを掲げた、時計作りで有名なスイスの高級腕時計メーカーです。