Featured Commerce

七五三のお祝い、子どもの健やかな成長を願って・・・

七五三は子どもの成長を祝うもの

七五三は子どもの成長を祝う伝統的な日本の年中行事です。一般的に三歳の男の子と女の子、五歳の男の子、七歳の女の子を祝うことになっています。お祝いの仕方は、神社に参拝をしたり、お祓いを受けたり、家族で祝い膳をいただいたり、写真撮影をするなど様々です。生涯に一度の行事ですから、女の子には着物、男の子は羽織袴を着せて、子どもの晴れ姿を楽しみたいという方も多いことでしょう。でも一番大切なことは、わが子の成長を家族みんなで喜ぶ気持ちです。お金をかけなくても、心のこもったお祝いができればよいのです。

七五三に欠かせない千歳飴

七五三といえば千歳飴、というイメージを持つ方が多いことでしょう。実際に、七五三では千歳飴を手にして写真撮影をしたり、神社からいただいたり、七五三には欠かせないものとして定着しています。細く長い形をしている紅白の飴である千歳飴、その由来は親が子どもの長生きを願うものだと言われています。千歳飴が作られ始めた江戸時代、人々の寿命は短く、特に子どもは病気などで亡くなってしまうことが多かったそうです。そんな時代に、子どもの健やかな成長を願って作られた縁起物なのです。この願いは現代も通じるものですよね。

神社への参拝はいつがいい?

七五三で神社に参拝する時期は、いつなのでしょう。一般的に11月15日が七五三の正式な日程という認識がありますが、その日が平日である場合は家族揃って神社に参拝することは難しいかもしれません。できれば、おじいちゃんやおばあちゃんも一緒にお祝いをしたい、という方もいらっしゃるでしょう。そのため、11月の土曜日や日曜日などお休みの日に参拝をする方が多くなっています。お祓いをしてもらうには、神社に予約が必要なこともありますので、事前に確認しておくことをおすすめします。

七五三とは子供の成長を祝う日本独特の伝統行事で男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳にお祝いします。